2006年07月09日

Fニッポン第三戦 鈴鹿 決勝

大方の予想通りの結果でトレルイエがぶっちぎりの優勝。
それに松田、本山が続きインパルの表彰台独占!
う〜ん予想通り過ぎる結果でおもしろくなかねぇ〜〜バッド(下向き矢印)

本山も一時松田を追い詰めるも、後半ドンドン離されてって超地味だったし、今回から復帰の井出ちゃんはソコソコの走りをしてたのに、ピットでストールもうやだ〜(悲しい顔)
でもぶっつけでこんだけ走れるドライバーなんだから、スーパーライセンス取り消しの件はFIAの糞さが分かっちゃったんじゃない?むかっ(怒り)

ってかフォーミュラでは影の薄い立川がいい走りしてたのが印象的じゃったわexclamation

=決勝結果=
1 ブノワ・トレルイエ TOYOTA mobilecast TEAM IMPUL 51 1/1'45"905
2 松田次生 TOYOTA mobilecast TEAM IMPUL 51 2/1'46"054
3 本山哲 TOYOTA arting RACING TEAM with IMPUL 51 4/1'46"197
4 立川祐路 TOYOTA TEAM RECKLESS CERUMO 51 5/1'46"310
5 アンドレ・ロッテラー TOYOTA DHG TOM'S RACING 51 15/1'47"104
6 片岡龍也 TOYOTA TEAM LeMans 51 9/1'46"765
7 土屋武士 TOYOTA DHG TOM'S RACING 51 22/1'46"867
8 高木虎之介 TOYOTA TEAM LeMans 51 6/1'46"319
9 小暮卓史 HONDA AUTOBACS RACING TEAM AGURI 51 7/1'46"493
10 荒聖治 TOYOTA KONDO RACING 51 14/1'47"054
11 横溝直輝 TOYOTA Team BOSS-INGING Formula Nippon 51 13/1'46"989
12 井出有治 HONDA DoCoMo DANDELION 50 11/1'46"835
13 柳田真孝 TOYOTA KONDO RACING 47 12/1'46"982
R 星野一樹 TOYOTA arting RACING TEAM with IMPUL 41 18/1'47"377
R 金石年弘 HONDA AUTOBACS RACING TEAM AGURI 41 10/1'46"793
R ビヨン・ビルドハイム HONDA DoCoMo DANDELION 36 8/1'46"714
R 武藤英紀 HONDA PIAA NAKAJIMA 25 17/1'47"307
R ロニー・クインタレッリ TOYOTA Team BOSS-INGING Formula Nippon 22 3/1'46"170 R ロイック・デュバル HONDA PIAA NAKAJIMA 21 16/1'47"158
R 折目遼 HONDA M&O with TEAM 5ZIGEN 19 21/1'48"707
R 道上龍 HONDA TEAM 5ZIGEN 19 20/1'48"304
R 密山祥吾 HONDA DPR Direxiv 16 19/1'47"714

(結果はhttp://www1.as-web.jp/?b6Ec=1より。)
posted by ヒデカズ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カーレース(F1以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。