2006年08月17日

凄まじい試合・・・・・

甲子園の準々決勝の帝京対智弁和歌山のゲームはとんでもない試合だったexclamation×2
試合は終始智弁ペースで進んでいったが、九回表に帝京が怒涛の攻撃で8点を入れ大逆転!
しかし、帝京はもうピッチャーを三人共使ってしまっており、裏の智弁の攻撃時に投げるピッチャーが居ないという状況にがく〜(落胆した顔)
そこでピッチャー経験のある者を次々と送り込むが、やはり東東京大会でも一試合も投げていない選手達なのでストライクが入らず・・・・
そして最後は押し出しの四球で智弁がひっくり返しベスト4にexclamation

いや〜、おれ自身は帝京を応援してたんだけど、どっちのチームもとてつもない力を発揮し、今まで見たことのないような実に凄い試合だった。。
高校野球はこういうのがあるから面白い野球

ってか両チーム合わせて7本塁打ってアンタ・・・・・プロでも中々ないじゃろたらーっ(汗)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。